【酵素と生酵素の効果とは】消化酵素と代謝酵素の違い

酵素の働きと食物酵素の効果

体の中でさまざまな化学反応が起きているのですが、その反応を引き起こすためには触媒として必須となるタンパク質が酵素です。

摂取した食べ物を消化・吸収・代謝したりするためにはなくてはできないのです。

重要な働きをする大切なものですが現在あるといわれている約5000種はそれぞれ特定の反応に対して1つの仕事しかできません。

健康維持や健康増進を考えたときに聞かれる食物酵素は消化と代謝があり、それらを多く含む食品を摂取することは体内にある消化酵素を消化のために使わなくてもよくなり常に体内にある状態となり、それを代謝に使うことで毒素の排泄も盛んとなり、便秘解消・美肌・免疫力アップ・新陳代謝促進・デトックス効果などで体調が改善されるといわれているのです。

生酵素の効果と効能

野菜・フルーツ・肉・魚などに含まれていて体内で消化酵素をサポートするといわれる消化酵素ですが熱に弱く加熱すると壊れてしまう性質をもっていることから、食物酵素を加熱処理を可能な限り行なわずに製造した健康食品を一般的に生酵素といっています。

生酵素を積極的に継続的に摂取することで得られる効果や効能にはいろいろあります。

血液を循環させて消化を促進させ体の営みを維持し調整しエネルギーを作り出す命の源ともいえる酵素ですが現在の食生活では不足していて多くの人に起きている生活習慣病などの原因ともいわれているのです。

体の機能を維持し便秘解消、新陳代謝を活発にしダイエット効果、加齢による病気を予防させることが期待されています。

酵素ドリンクの効果

野菜や果物を砂糖とともに発酵させて食物酵素を多く含んでいる酵素ドリンクですが、そこに含まれている酵素は体内で食べ物が消化され吸収するのに必要な体内酵素の働きを助ける役割を担っています。

食べ物が消化しやすくなることで結果的には代謝が良くなり体内に無駄なものを溜め込まなくなり痩せやすい体質になる要因となりダイエット効果があるといわれているのです。

基礎代謝が活発になると腸の機能も良くなり便秘解消となり、それにより腸内の悪玉菌も減って肌にも良い影響が出るようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です